駿河湾は富士の雪解け水・天城の清流など多くの川が流れ込むミネラル豊富な海です。その西伊豆の海水を100%使った、完全手作りの伝統製法で作るこだわりの国産天日塩。

Sigman

TOP

にせものの塩が現代人の病気をつくっている

「塩分の摂りすぎは高血圧や病気の原因になる」というのが、いつの間にか日本人の常識になってしまいました。2014年の厚生労働省の調査によると、高血圧患者の総数は1010万人以上になっています。
 減塩が叫ばれて久しいですが、減塩したり減塩食を食べているにもかかわらず、高血圧が治らないのはどういうことでしょうか。塩が原因の高血圧であれば、塩分を少なくすれば血圧は低くなるはずですが、それが一向に改善されていません。
 昔、海から遠く離れた陸地に住む人たちにとっては、塩と金が同じ価値をもっていたという記述もあります。さらに、給料を英語でSalary(サラリー)といいますが、古代ローマ軍の兵士の給料が塩(Salt)だったことからきていると言われています。
 私たち人間にとって大切な塩は、生命維持に欠かせないもので、健康を害するものではなかったはずです。
 そもそも地球上に存在するすべての生命は海から生まれてきました。海には最初から塩が含まれており、その海水の中でできた細胞が進化して生命が誕生したわけで、その証が私たちの血液に痕跡として残っています。いわゆる、血液中の成分比率が海水と一緒なのです。
 そこで問題になるのが、塩の品質です。飲食店などで使用されている塩の多くは、精製塩です。いわゆる、塩化ナトリウム99%以上でそれ以外のミネラル分はほとんど入っていない塩のことです。
 一方、日本で昔から自然塩と呼ばれている塩は海の塩“海塩”で、塩化ナトリウム以外にミネラルが70種類以上含まれています。精製した塩と比べると、味はまろやかで、料理を引き立ててくれます。
 では、塩の何がいけないのかというと、海塩などを精製しミネラル分を取り除いて塩化ナトリウムだけにした塩が細胞を縮ませるのです。お米や砂糖もそうですが、精製すると大切な栄養分やミネラル分がなくなってしまい、健康によくないのです。
いい塩と悪い塩を混同している

まずハッキリさせておかなければいけないのは、「いい塩」と「悪い塩」の区別の仕方です。地球上にある塩は3つに分類されます。海の塩の“海塩”、ヒマラヤ山脈などの山で採れる“岩塩”、ボリビアのウユニ塩湖、イスラエルの死海、アメリカのグレートソルトレイクなどの湖で採れる“湖塩”があります。
 つぎに塩の精製法で分類すると、天然海塩、再生加工塩、化学塩の3つがあります。
「天然海塩」は海水を塩田に導き、太陽と風の力で塩の結晶をつくります。
「再生加工塩」は、天日乾燥した海塩を平釜で煮詰めて塩をつくります。
「化学塩」は、輸入した天日乾燥した海塩や岩塩をイオン交換膜によって、塩化ナトリウム99%以上の塩をつくります。精製塩とも呼ばれます。
 輸入したばかりの天日乾燥した海塩には、ミネラル分が豊富に含まれバランスのとれている状態ですが、この状態のままでは細菌やウィルスが含まれているため、食用としてすぐに使うことはできません。
 そのため、殺菌の目的もあって製塩が施されるのです。製塩方法で一般的に行われているのが、「イオン交換膜」によるものです。この方法は殺菌効果が高いものの、塩化ナトリウム以外の有効なミネラル分を除去してしまうという欠点があります。そのため、塩から豊富なミネラル分を摂取できなくなってしまうのです。

 いい塩というのは、ミネラルバランスが整った塩のことですので、海から採れた塩しかありません。海水を平釜を使い煮詰めて塩の結晶をつくったものが、ミネラル分のバランスも整っています。
 岩塩も人気がありますが、古いもので5億年前、新しいもので200万年前くらいにできたものが多いです。
 ただし、長い年月の間に消えていったミネラルもありますし、その時代時代で、地中に含まれていた有害な金属類も溶けているかもしれません。
 湖塩も同様で、ウユニ塩湖はアンデス山脈が1億5000万年以上前に隆起して山の上に海水が取り残されたもので、そのままではミネラルバランスがよくないものです。
無気力人間が増えているのは減塩が原因?

 塩は命にも気持ちにも影響するという話しがあります。
 アメリカでは、凶悪犯罪者に塩抜きの食事を与えるとまるで別人のようにおとなしくなり扱いやすくなるといいます。塩分摂取をゼロにすると命に関わるので、一日3~5gが塩抜きの基準量です。
 ちなみに、一日に必要な塩分量は10~15gで、建設労働者など肉体を使う仕事の人は一日20g前後は必要になります。
 では、なぜ塩抜きにすると無気力人間になるのかといいますと、細胞の中にある水分にはカリウムが多く、細胞の外側にある水分にはナトリウムが多く含まれています。そこで、カリウムが多い生活をしていると、細胞の中に外から水分を入れようとします。そうすると、細胞がゆるんできます。
 細胞自体がゆるんでしまうと、カリウムとナトリウムのバランスだけでなく体液の成分バランスも崩れてしまいますので、細胞の働きが弱ってしまいます。
 これはからだ全体の細胞についていえるわけですが、やる気をなくすというのはおもに脳細胞がゆるんでしまうために現れる現象です。その結果、何事にも積極的ではなくなり、すべてが他人任せで自分のことしか考える事ができなくなります。
 なぜかいまの日本の状況と一致するように思えます。自分以外のことに関心がない人が増えています。
脳の細胞がゆるむと認知症になる

 減塩しながら野菜や果物を多く摂っていると、カリウム過剰で脳細胞がゆるんでしまい、脳が大きなダメージを受けてしまいます。脳脂肪のゆるんでいるところに、肉、魚、牛乳などのたんぱく質と油を大量に摂っていると、これらのたんぱく質がエネルギーとして利用されずに余ってしまい老廃物になります。健康なからだであれば、余ったたんぱく質は尿酸に分解して尿として排泄でき、脂肪は二酸化炭素と水に分解して体外に出すことができます。
 ところが、現代人の肝臓は、食品に含まれる添加物や農薬、化学物質の処理で忙しいために弱っています。そのような状態のところに老廃物の処理を肝臓がしきれないでいると、AGE(終末糖化産物)がつくられます。これは、たんぱく質と油、糖質が結合したもので、水に溶けないために細胞の周辺いたるところに溜まっていきます。
 カリウム過剰で脳細胞を含め全身の細胞がゆるんでいるところに、AGEが溜まりはじめると認知症だけではなく、心筋梗塞、脳梗塞を誘発し、骨に蓄積すると骨粗鬆症、目に蓄積すると白内障の原因になってしまいます。
 たとえば「最近、何に対して意欲がなくなった」「好奇心がなくなった」「根気が続かない」「何をやっても満足感がない」「物忘れがひどい」「昔のことは覚えていても、近い記憶が思い出せない」ということが出てきます。普通は、こういう症状が出てきたら「年のせい」「疲れのせい」で片づけてしまいがちです。
 一番の大きな問題は、からだにいい塩を摂っていないことが原因で、脳細胞がゆるんでしまっているからです。化学塩しか摂っていないか、化学塩を使って減塩していれば、このような症状は30代で現れる可能性があります
そもそも食品メーカーや飲食店が塩化ナトリウム99%以上の塩を使っている

 減塩しょうゆ、減塩味噌、減塩漬物など多くの商品が減塩に向かっています。厚生労働省はさらに減塩を社会に浸透させるために、食品加工業界へのアプローチも必要だと考え、その方法を検討しているといいます。
 国と企業ぐるみで減塩態勢を整えたら、私たちの健康はどうなるのでしょうか。誰が得するのでしょうか。国民は健康を損なうので損する役割です。結局、減塩を推進して得するのは、企業と政府。無気力になって上からの決め事に抵抗しない国民ができあがるという図式が考えられます。
 減塩商品をどんどん推し進めている食品メーカーですが、製品に使用している塩は塩化ナトリウム99%以上の化学塩を使用しています。減塩を一生懸命頑張っていたとしても、減塩でからだのミネラルバランスがおかしくなり、さらに、摂り入れている塩が悪いのでは、健康のためにと思ってやっていることが裏目に出てしまっています。
 減塩と化学塩で盲目的に突き進んでいると血管系の病気が早く現れるようになるでしょう。
そもそもミネラルって何だ?

 ミネラルは生命維持に大きく関与しており、水とともに生命を支える重要な栄養素で、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミンに並ぶ五大栄養素に含まれます。ミネラルは体内でつくり出すことができない無機質ですから、食品から摂取するしか方法がありません。
 体内に存在するミネラルは、全部で体重の4.35%程度と少量ですが、すべての細胞でとても大切な働きをしています。
 ミネラルについての明確な定義はありませんが、栄養学においては有機物を形成する元素である炭素、酸素、水素、窒素を除く他のすべての元素がミネラルとされています。いま現在までに見つかっている元素は118種類で、そのうち有機質元素4種類と人工元素を除いた88種類がミネラルです。そのいずれかがなくなってしまっても、私たちの生命を維持していくことができなくなります。
 人体を構成する主な元素は、約70種類あります。そのうち66種類が、ミネラル(無機質)です。残りの4種類は有機質で、酸素、炭素、水素、窒素になります。
 ミネラルは、過剰でも不足でもからだは異常を起こしてしまいます。とくに必須ミネラルの16種類は、ひとつでも不足すると重大な障害が起きてしまい、著しく不足すると、生命に関わる事態に発展します。
 体内に存在するミネラルのうち、とくに多く存在しているカルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、イオウ、塩素、マグネシウム、の7種類を主要ミネラルといいます。このうち、イオウと塩素以外のミネラルは、不足するといろいろな欠乏症が起こります。
塩は最高のミネラルの供給源!

 ミネラルの供給源として、もっとも重要なものは塩です。塩はからだが必要とするすべてのミネラルがバランスよく含まれています。
 私たちがスーパーなどで買う野菜は、農薬などで痩せた土地でもできる野菜です。野菜自体のミネラルが少なくなっているのです。塩でミネラルバランスをとらなければなりません。
 地球が誕生してから46億年の間に、地中のミネラルは海に流されて減少してしまいました。雨が降り、地中のミネラルが溶かされて海に流れ、水分だけが蒸発し、再び地上に雨を降らせるという循環が途方もないほどの回数くりかえされてきました。
 その結果、海水の中には地上のあらゆるミネラルが濃縮されて含まれています。とくに水に溶けやすい、ナトリウム、マグネシウム、カルシウムは大量に含まれており、それらのミネラルは私たちがもっとも多く必要とするミネラルなのです。
 ナトリウムとカルシウムは、地上の植物には大幅に不足しています。このミネラルの補給には、塩が不可欠になります。カルシウムは、塩だけでは不足するので海藻など摂るとよいです。
神経シグナルを伝えるミネラル

脳の中枢から全身に張り巡らされている神経は、あらゆる臓器・器官に電気シグナルを送っています。そのシグナルを伝達するためになくてならないのが、ナトリウム・カリウム・カルシウムなどのミネラルです。
末梢神経の刺激信号を脳の中枢に伝える時には、ナトリウムとカリウムの細胞内外の移動が電位を発生させて伝達しています。
 神経細胞が次々にほかの神経細胞に情報を伝達していくとき、電気信号と伝達物質とが交互に伝えています。信号伝達物質アセチルコリンが神経細胞の末端で分泌されて伝達されている時に、カルシウムが神経細胞に侵入して、伝達物質の放出を促すことによって次の神経細胞に情報が伝わる仕組みになっています。またからだを動かす筋肉細胞はカルシウムが細胞内に入りスイッチオンにすることで機能します。カルシウムの作用がなければ体を動かすこともできないということです。
 人が考えたり行動したりするためには、脳細胞同士の複雑な伝達活動が正常でなければたちまち思考回路や身体活動がエラーを起こします。
 その結果、精神不安定、自律神経障害、運動機能障害などさまざまな異常事態が発生します。このようにからだ全体を円滑にコントロールするためにも、ミネラルはなくてはならない存在です。